メイン画像
尼崎・西宮の行政書士事務所
起業サポート

会社の設立、許可申請、記帳など会社設立から運営までトータルサポート致します!
尼崎・西宮の起業サポート

外国人の在留資格申請

外国から日本に来てビジネスを始める方や日本人と結婚される方をサポート致します!
尼崎・西宮の在留資格ビザ申請サポート

市民法務サポート

相続や離婚など生活での法務手続のサポートを致します!。
尼崎・西宮の市民法務手続サポート



尼崎の行政書士です。

plofile当事務所のサイトにお越しいただきましてありがとうございます。

尼崎市に事務所をかまえています「よこぜき行政書士事務所」の代表行政書士の横関雅彦と申します。

私、千葉県の出身で東京の大学に通った後、1994年に会社に勤め始めてから大阪勤務となり、独立後もそのまま関西が気に入って住み続けています。

2009年に独立して株式会社を設立し、その後、株式会社と並行して行政書士事務所も設立しました。

自分自身でも会社を設立して起業したということもあり、起業の楽しさと大変さの両方を身に染みて感じています。

ですから、自分と同じように、これから起業をご検討されている方に、少しでもお力になれればと思っています。

外国人関係の業務では、中国駐在員時代に知り合った中国人の方で、今でもお付き合いさせて頂いている方も多いため、特に中国人の方の在留資格申請のご依頼を頂いています。

「営業許可の申請」や「会社設立」「相続相談」「在留資格申請」など、尼崎や西宮にお住まいの人で行政手続でお困りの方は、お気軽にお声かけ下さい。

 

● 尼崎、西宮での起業をサポートします!

尼崎市、西宮市で起業をお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

不動産業(宅建業)や旅行業などの許認可の申請から提携先の起業講座もご紹介してサポートさせて頂きます。

尼崎、西宮の起業はこちら

 

未経験で不動産業(宅建業)を始める方へのサポート

side-fudosan当事務所の代表行政書士である私横関が経営しています会社で「初めての不動産業講座」を開催しています。

不動産業を始めるための講座はたくさんあるのですが、いざ開業してから何をしていいのか判らないというご相談も多く、超基本的な部分から、実務の流れをご説明します。

20年以上不動産業界で働いている現役の不動産会社の社長が講師を務めます。

「初めての不動産業講座」はこちら

 

未経験で旅館業(民泊)を始める方へのサポート

biz-side当事務所では、特に民泊ビジネスのサポートに重点をおいています。

当事務所で運営しています「民泊の教科書」は、YahooやGoogleで「民泊」と検索した時の検索結果1位(2016年8月9日現在)となるなど、民泊に関する総合的な知識を評価されています。

民泊に関する物件選びのサポートもさせて頂きます。

民泊の教科書はこちら

 

未経験で旅行業を始める方へのサポート

初めての旅行業講座私が起業した当初に旅行業の営業許可をとって営業していたこともあり、旅行業で起業している仲間がたくさんいます。

開業当初にお世話になった旅行業コンサルタントの先生の「初めての旅行業講座」と提携しています。

「初めての旅行業講座」はこちら

 

● 尼崎、西宮での外国人の在留資格申請をサポートします!

尼崎市、西宮市に会社を設立して、経営管理ビザの取得をお考えの外国人の方は気軽にお問い合わせ下さい。

当事務所は特に経営管理ビザの申請に特化して在留資格申請のサポートおこなっています。

経営管理ビザ申請はこちら

 

● 尼崎、西宮での相続をトータルサポートします!

当事務所では相続税専門の税理士や司法書士と提携して相続サポートをおこなっています。

相続に関してお困りの方はお気軽にご相談下さい。

尼崎、西宮の相続はこちら

 

行政書士って、どんな仕事?

尼崎西宮の行政書士ってどんな仕事?「なんとなく行政書士って聞いた事があるけれど、何をする人?」という方も多いと思います。

堅苦しく定義しますと「役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う」仕事です。

建設業の許可申請、外国人の在留許可申請、法人設立の定款認証、各種契約書の作成や遺産分割協議書、離婚協議書のような書類まで作成します。

行政書士が作成出来る書類の数は、なんと1万種類を超していると言われています。

行政書士の仕事が判り難い理由の一つとして、この「範囲が広すぎる」という点があるのかもしれません。

以下、行政書士の仕事を大きく3つに分けてご説明したいと思います。

 

【行政書士の仕事1】官公署への提出書類の作成

尼崎西宮の許認可申請官公署とは行政機関のことで、県庁や市役所をはじめ、警察署、入国管理局、法務局などあらゆる役所が対象となります。

例えば尼崎、西宮で言えば兵庫県庁や尼崎市役所、尼崎北警察署、尼崎南警察署、尼崎東警察署、西宮市役所、西宮警察署など、どのような認可を取るかで申請先も変わります。

どういった書類を、どのように作成して、どこに提出するか、といった一連の作業を請け負うのが行政書士の仕事になります。

対象となる範囲があまりに広いので、全ての書類に精通している行政書士はほとんどいないと思います。

行政書士は一般的には得意な分野をもっていて、その分野に特化して活動しています。

役所へ出す書類といっても、簡単にご自身で作成出来るものもたくさんあります。

例えば、引っ越しの際の転入届けなどは余程の理由が無い限り、ご自身で作成して役所に提出されるでしょう。

行政書士に依頼される書類は、「許認可申請」といって、「仕事を始める上で許可が必要なものの申請」が大きな割合を占めます。

代表的なものでは、建設業や旅行業を始める場合の申請があります。

具体的には以下のような許認可書類の作成が中心となります。

この他、許可が必要なあらゆる事業の申請書作成が対象となります。

この許認可申請だけでもかなりの数になりますので、許認可の中でも「建設業関連専門」のように特化して活動されている行政書士もたくさんいらっしゃいます。

 

【行政書士の仕事2】権利義務に関する書類の作成

尼崎西宮の権利義務書類作成「権利義務に関する書類」というのは、その書類の効力で関係者の権利又は義務に変化を生じさせる書類です。

例えば、遺産分割協議書という書類があります。

これは亡くなった方の財産をどのように分けるかを相続人全員でどのように分けるかを決め、その結果を記したものが遺産分割協議書です。

遺産分割協議書で相続する遺産の内容が決まるという意味で、作成前の各相続人の権利を変化を生じさせたということになります。

こういった「権利義務に関する書類」を作成する事も、行政書士の仕事の一つです。

但し、行政書士が出来るのは書類の作成だけであって、相続人間分割内容の交渉のようなことは出来ません。

(示談交渉のように相手方と交渉する事も弁護士の仕事なので、行政書士ではできません)

行政書士が作成する権利義務の書類に関しては下記のようなものがあります。

この権利義務に関する書類の中で、作成までになんらかの法律上の交渉がある場合、その交渉に関しては行政書士ではおこなえませんので、弁護士に依頼することになります。

 

【行政書士の仕事3】事実証明に関する書類の作成

尼崎西宮の事実証明に関する書類「事実証明に関する書類」とは、「社会生活にかかわる交渉を有する事項を証明するにたる文書」であるという判例があります。

しかし、そう聞いても「それって、どうゆう意味??」ってなりますよね。

考えようによっては、ほとんどの書類が該当してしまうようにも思えます。

要は、「そうゆう事実があった事を書類にしておきなさい」と決められている書類のことです。

代表的なものには、会社の定款があります。

株式会社を設立する場合、定款を作成公証人の認証を受けなければその効力を生じないと会社法にて定められています。

この他にも以下のようなものが事実証明に関する書類に該当します。

当事務所もそうなのですが、「会計帳簿の作成」(記帳業務)を得意としている行政書士事務所もたくさんあります。

 

行政書士には出来ない仕事

「官公署への提出書類の作成」といっても法律で行政書士では作成・代理提出してはいけない書類もあります。

以下、行政書士ができない代表的な仕事をご紹介いたします。

 

法務局への会社登記申請

行政書士のメインの仕事が「会社設立」なのに、設立の登記申請が出来ない、というのは不思議に思われるかもしれません。

行政書士が出来るのは「定款の作成」と「公証役場での認証手続」までで、法務局へ会社設立の登記手続はすることができません。

登記手続ができるのは司法書士になります。

会社設立は慣れない方にとっては「定款認証」が一番面倒な作業ですので、この部分を行政書士に依頼するというケースが非常に多いのです。

 

相続の登記・放棄の手続

不動産などの相続があった場合、法務局へ亡くなった方から相続人への登記変更の手続をします。

また、亡くなった方に借金があって相続人が相続放棄する場合、家庭裁判所に書類を提出します。

これらの書類は司法書士しか作成することができません。

遺言書の作成サポート、遺産分割協議書の作成などは行政書士もできる仕事の範囲になります。

 

離婚の争いに関する法律相談

「法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務」は弁護士にしかできません。

既に当事者同士で決着がついた離婚協議を書面に残すために離婚協議書を作成することは行政書士もできる仕事の範囲になります。

 

税務申告書の作成

税務署に対して提出する書類を納税者に代わって作成提出するのは税理士の独占業務になります。

記帳代行のような会計業務は税理士の独占業務にはあたりませんので、行政書士もできる仕事の範囲となります。

 

他士業との連携

士業は各々「税理士法」「司法書士法」「行政書士法」のように法律で独占業務が決められています。

しかし、「こっちは税理士に頼んで、あっちは行政書士」となると依頼者の方にとって非常に不便に感じられることも多くなります。

そのため、例えば行政書士であれば、連携している税理士、司法書士、社労士がいる場合があります。

当事務所でも「大阪相続あんしん相談センター」として他士業の先生と連携しながら進めている業務もございます。

 

尼崎・西宮の行政手続

行政の手続は、どんな手続をするのかで担当する場所が異なります。

例えば、婚姻などは市役所、会社設立は法務局、税金は税務署のようにさまざまな役場や官公署があります。

ここでは一般的な役場や官公署に関してご紹介します。

 

市役所

経済、保健、都市環境、教育、その他さまざまな市に関する業務を取り扱っています。

尼崎市役所

〒660-8501

兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号

電話番号 06-6375-5639(代表)

ホームページ http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/

西宮市役所

〒662-8567

兵庫県西宮市六湛寺町10-3

電話番号:0798-35-3151(代表)

ホームページ http://www.nishi.or.jp/

 

保健所

地域住民の健康や衛生を支える公的機関 の一つです。

予防接種や健康診断のような健康衛生に関する仕事以外に、旅館業の許可なども保健所の担当になります。

尼崎 保健部(保健所)保健センター

〒660-0052

兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5F

電話番号:06-4869-3016(保健センター)

ホームページ http://qq2q.biz/xE2b

西宮 保健所

西宮市江上町3-26

電話番号: 0798-26-3675

ホームページ http://www.nishi.or.jp/soshiki/tyosya0006.html

 

税務署

会社を設立した後や個人事業主で事業を始める場合には税務署に届け出が必要です。

また、会社の決算や確定申告も税務署に提出します。

お酒を販売するための免許も税務署に申請します。

尼崎税務署

〒660-8544

尼崎市西難波町1丁目8番1号

電話番号:06-6416-1381

ホームページ hhttps://www.nta.go.jp/osaka/guide/zeimusho/hyogo/amagasaki/

西宮税務署

〒662-8585

西宮市江上町3番35号

電話番号:0798-34-3930

ホームページ https://www.nta.go.jp/osaka/guide/zeimusho/hyogo/nishinomiya/

 

公証役場

交渉役場とは公証人という「公正証書の作成、定款や私署証書(私文書)の認証、事実実験、確定日付の付与などを行う人」がいる役場です。

公証人には、公正証書遺言という遺言を作成してもらったり、会社の定款を認証したりしてもらいます。

阪神公証センター(旧:尼崎公証人合同役場)

〒661-0012

兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1番2塚口さんさんタウン2番館2階

電話番号:06-4961-6671

ホームページ http://www.notaryhanshin.net/

 

法務局

法務局は、不動産や会社、国籍など登記に関する業務をおこなう官公署です。

許認可の申請などで必要になることが多い「登記されていないことの証明書」も法務局で発行してもらいます。

全ての法務局で全ての登記業務をおこなっているわけではありませんので、事前に確認されることをお勧めします。

神戸地方法務局 尼崎支局 尼崎地方合同庁舎

〒660-0892

尼崎市東難波町四丁目18番36号

電話:06(6482)7401~2

ホームページ http://goo.gl/wtCQht

神戸地方法務局 西宮支局 西宮地方合同庁舎

〒662-0942

西宮市浜町7番35号

電話:0798(26)0061~2

ホームページ http://goo.gl/nCCLUV

神戸地方法務局(本局)

〒650-0042

神戸市中央区波止場町1番1号 神戸第二地方合同庁舎

電話:078(392)1821

ホームページ http://goo.gl/D0s9Gp

 

尼崎市へのアクセス

 

●公共交通機関でのアクセス

 

【鉄道でのアクセス】

  • JR京都駅から尼崎駅まで約35分(新快速利用時)
  • JR新大阪駅から尼崎駅まで約10分(新快速利用時)
  • JR新大阪駅から大阪駅まで約5分、阪神・阪急電車梅田駅で乗り換え、尼崎まで約10分
  • JR三ノ宮駅から尼崎駅まで約15分(新快速利用時)
  • 近鉄奈良駅から大阪難波駅経由で約60分

【空港からのアクセス】

  • 関西国際空港 :  リムジンバスでJR尼崎駅前、阪神尼崎駅前まで約1時間
  • 神戸空港 : ポートライナーで約18分、JR三ノ宮駅で乗り換え、尼崎駅まで約15分

 

●自動車でのアクセス

  • 名神高速道路 「尼崎出入口」
  • 阪神高速道路神戸線 「尼崎東(神戸方面行き出口のみ)」「尼崎西(神戸方面行き入口・大阪方面行き出口のみ)」
  • 阪神高速道路湾岸線 「尼崎東海岸(神戸方面行き入口・大阪方面行き出口のみ)」「尼崎末広出入口」